不動産ブログ

不動産ブログ

ブログ一覧

iPadでトラックパッドが使える。。。

こんにちは、Amenity House Osです。

3月18日:日本時間夜、Appleから新しいiPad Pro、新しいMacBookAirなどの新製品が発表されました。

Appleは、例年この時期会場で発表会を行っていますが、今年はやはりコロナの影響でインターネットでの発表のみでした。

実はわたくしもiPad Proユーザーなんですけど、新しいiPad Proはカメラ・プロセッサ・メモリが新しくなってても、正直あまりそそられないですね。

わたしとしてはカメラはiPhone 11 Proのトリプル・レンズあるし、スピードは今のProで充分速いしで、次の買換タイミングは5Gに対応したら、と考えてます。

しか〜し、物欲を激しく刺激するものが登場しました。それはトラックパッド付Magic Keyboardです!



自宅で仕事のメールとか打つときは、わたしもApple 純正 Bluetooth Keyboardをつなげてパタパタしてます(やっぱその方が早くて効率的ですからね)。

ただしあくまでもキーボードですから文字入力のみの用途限定で、マウス的操作は通常のiPad同様、画面をタッチしてます。



ま、ちょっと前のiPad OSからマウスが使えるようになってますが、わたしはマウスではなくトラックパッド派のため、iPadでマウス使ったことありません。

しかし、iPadでトラックパッド使えるようになると、まんまMacライクな使い方も想像でき……でも、それだったらMacでいいじゃん!ということになるし……。



ま、百聞は一見にしかずですから、5月の発売を心待ちにしたいと思います。

やっぱ実機さわんないとね。

5分でわかる新iPad Pro&新MacBook Air。アップル新製品まとめ

Apple公式iPad Pro

追記

上記 Magic Keyboardでなくてもフツーのトラックパッドが使えるみたいです。MacBook Pro 15inchのとき使ってた純正 Magic Trackpadが引き出しの中で眠ってるんで、iPad OSがアップデートしたら早速レビューします。

新しいiPad Proはマウスとトラックパッドのサポートでノートパソコン化の道へ

更新日時 : 2020年03月20日 | この記事へのリンク : 

すっかりサブスク。。。

こんにちは、Amenity House Osです。

流行りのサブスク(サブスクリプション:モノの利用権を借り、利用した期間に応じて料金を支払う方式)ですが、東急さんが交通・映画・食事が一体となったチケットを始めるそうです(以下引用です)。

東急グループは、東急線沿線で交通、映画、食事が一体となったサブスクリプション型チケット「東急線・東急バス サブスクパス」に関する実証実験を3月1日より開始する。



1ヶ月単位の東急線全線、東急バス全線の乗り放題乗車券を基本とし、「109シネマズ」映画観放題パス、東急線駅構内にあるそば屋「しぶそば」定額パス、専用電動自転車と駐輪所の貸与サービスの中から追加サービスとしていずれか一つを選択できるセットとして販売する。

有効期間は1ヶ月間で、利用期間は3月・4月・5月のいずれかから選択できる。

「109シネマズ」映画観放題パスでは、109シネマズ二子玉川・グランベリーパーク・港北・川崎とムービルで期間中映画が観放題となるほか、ポップコーンSサイズ(塩orキャラメル)が50円割引になるキャンペーンも実施する。

「しぶそば」定額パスでは、全12店舗で1日1回かけそば、またはもりそばを食べることができる。



専用電動自転車と駐輪場の貸与サービスでは、東急線沿線の一部駐輪場に、利用者専用電動自転車と駐輪スペースを用意するもので、4月、5月のみ選択可能となる予定。

なお、同サービスに限り、東急バスを含まない東急線全線のみの乗り放題乗車券に追加することも可能となる。

価格は18,000円から36,500円(税込)。購入は東急が運営するオンラインサイト「SALUS ONLINE MARKET」より受け付ける。



電車・バス・電動自転車などの交通手段と、映画・食事などの生活サービスが一体となった定額制サービスは、日本初の取り組みであり、同社は、今回の実証実験の結果を踏まえ、交通を基軸にしたあらゆるサービスとの連携を念頭に、デジタル基盤での複合的なプラットフォームサービスの本格導入を検討していくとしている。

だそうです。詳しくはこちら

更新日時 : 2020年02月24日 | この記事へのリンク : 

Apple 初の売上10兆円。。。

こんにちは、Amenity House Osです。

当ブログで度々ご紹介してきましたが、私は日常業務にMacを使っています。

初めてさわったパソコンがMacだったため、いまだにMacがWindowsより使いやすいです。

自動車に例えると、私にとってはMacが国産の右ハンドルで、Windowsは外車の左ハンドルみたいなカンジ、やること・目的は一緒なんだけど、操作が微妙に違って使いづらいんだよなぁ的な。

で、Mac・iPhoneのメーカーであるApple社ですが、タイトルどおり売上が初めて10兆円を超えました(パチパチ〜拍手!)。

それを記念して、先日、MacBook ProのOSを【Catalina】にアップデートしました(ま、こじつけですが……)。



Windowsで言うところの【7】を【10】にあげるみたいな、俗に言うメジャー・アップデートっていうやつですね。

アップデートの内容は多岐に亘ってますが、一例で言うと機能肥大に陥っていたiTunesがMusic・TV・Podcastに分かれたり、iPadがMacのサブディスプレイとして使えたり等など新しい機能がてんこ盛りです。




昨秋のリリース時はバグが多くて不評でしたが、マイナー・バージョン・アップを繰り返したおかげか(10.15 → 10.15.3)今のところ私のMacBook Proは支障なく動作してます(実はちょっとヒヤヒヤでした:汗)。

ということで、Mac OS Catalinaについて詳しく知りたい方はこちら

Appleの売上に関するニュースはこちら

iPhoneユーザーはMacが使いやすいと思います。使い方のロジックがいっしょで、iCloudとかAirDropとかApple製品同士ならではの便利機能もいっぱいあるし(^_^)

更新日時 : 2020年02月17日 | この記事へのリンク : 

Proにしたら、やっぱいい。。。

こんにちは、Amenity House O’sです。

先日、4年以上使ってたiPhone 7から11 Proに機種変しました。



当然ですけど、技術の進歩ってスゴイですね。

OSが一緒だから基本的な使い方って変わりませんが、使い勝手がいろいろ違います。


違い1 スピードがメチャクチャ速い。

スマホ・パソコンの世界では速さは正義ですね。

違い2 Face IDが便利。

賛否両論ありますけど、Touch IDより便利だと感じます。

違い3 カメラがスゴイ。

超広角・広角・望遠とトリプル・レンズで、更にソフトウェアが調整してくれるから、写真がめっちゃキレイです。それに広い面積撮れるから不動産業に適してますね。









結論として、2年ごとくらいに機種変したほうがいいなぁと感じました(その分出費がかさみますけど、、、)。

更新日時 : 2020年02月07日 | この記事へのリンク : 

カー・ラジオのボリュームを上げるとき。。。


こんにちは、Amenity House O'sです。

クルマでラジオをBGMにしててお気に入りの曲がかかると、ついボリュームを上げてしまいますよね。

私は車内BGMとして、自分のiPhoneをBluetooth接続、ランダムに流してます。

iPhone内の楽曲は、基本的にお気に入りのアーティストばかりですが、全ての曲がお気に入りということはもちろんなく、その時の気分・状況にビタッとはまるとボリュームあげちゃいます。

今朝はこれでした。



『ライディング・ウィズ・ザ・キング』エリック・クラプトン & B.B.キング


2000年に発表されたアルバムの(もう20年前になるのか)、アルバム・タイトル曲です。

ミディアム・テンポのライト・ブルースで、師匠と弟子が余裕のよっちゃんでやってます。

レコーディング・スタジオ内の風景が目に見えるようですね。

魂を揺さぶられるなんてことはもちろんありませんが(そういう方向性ではない)、まさしくクルマで走りながらが似合う、ドライブ感あふれる佳曲です。

気になる方はこちら(YouTube)から。

更新日時 : 2019年12月21日 | この記事へのリンク : 

イマどきはダーク・モード。。。


こんにちは、Amenity House O’sです。

iPhoneもこの秋、iOS 13からダーク・モードが選べるようになり「省電力で目に優しい」といいことだらけで、我が家のiPhoneユーザーはいつの間にか全員ダーク・モードになってました。



iPhoneといえばパソコンのMacintosh(通称:Mac)は、いっこ前のOSメジャー・アップ・デートMojave(モハベ)からダーク・モードを搭載してます。



私は、中央林間の不動産営業マンで唯一と言っていいだろうMacを業務に活用している筋金入りのMacオタクですが、最新OSを追いかけるほど無謀ではないため(バグのせいで仕事に使えなかったら本末転倒ですからね)、その前のHigh Sierra(ハイ シエラ)を先日まで使ってました。

ですが、先述のとおり最新Catalina(カタリナ)が出ましたので、満を持して(というほどでもないですが)、Mojaveにあげました。

ダーク・モードって、繰り返しですけど目に優しくていいですねぇ。

更新日時 : 2019年12月16日 | この記事へのリンク : 

極私的今年のベスト・バイ。。。


こんにちは、Amenity House O’sです。

今年も早いもので12月になっちゃいましたね。

毎年言ってますけど「一年あっという間」ですね。

ということで、今年一年いろいろ買い物しましたけれど、と言っても大物特に買ってないため、ワン&オンリーに近い一品はこれです。



Apple Watch シリーズ5

私の用途は主に2つで「携帯電話(着信・通話)」と「電子決済」です。

iPhoneポケットに入れて、街中(とくに商店街)とか歩いてて着信に気づかなかったりしてましたが、これなら一発(手首バイブレーション&サウンド)でわかるようになりました。



次に運転中、電話かかってきてもiPhone触らずに話せますし、iMessageやLINEもチラ見で送信者わかるしと、大変便利です(運転中の携帯操作、罰則厳しくなりましたからね)。

但しApple Watchのスピーカーて、iPhoneより音量ショボイため、聴覚に難ありの方は要検討です。

あと、なにげに便利なのが、運転中、iPhoneの音楽をBluetoothで流してて、Apple Watchがリモコン代わりになるから曲をとばしたり戻したりできます。



というように、Apple Watchのもってる機能のごく一部しか使ってませんが、個人的に大満足です。



妻から「また高いおもちゃ買ってぇ〜」と言われましたが、もちろん聞こえないふりしましたよ(苦笑)。

更新日時 : 2019年12月12日 | この記事へのリンク : 

AirPods Pro 発売。。。

こんにちは、Amenity House O’sです。

Appleファンが待ってた「AirPods Pro」が、きのう10月30日に発売になりましたね。



ポイントとしては、

◎カナル(密閉)型になって音質向上。

◎ノイズ・キャンセリングが搭載された。

大きくこの2点ですが、あともうひとつあげると本体サイズが若干短くなって「うどん」ぽさが弱まった、ですか(苦笑)。

ノイズ・キャンセリング機能は、周囲の環境音をマイクでひろい、その音を打ち消す真逆の周波数をイヤホン内で発生させて環境音を消しちゃう、アクティブ・タイプだそうです。

この機能は、先行するBOSE、SONYで有名ですね。

AirPods Proのレビューはネット上たくさん出てますが、概ね好評で「現状、完璧に最も近いワイヤレス・イヤホン」なんてのもありました。

私は初代AirPodsを愛用してますが、たしかに電車の車内とか、飛行機の中とかだと環境音ひろいまくりで、かなり音量大きくしないとちゃんと聴こえません。

ところで、私のAirPodsの用途は、電車たまにしか乗らないため

1.運転中のハンズフリー

2.ジョグ用(最近また始めた。。。)

なんですけど、ジョグのときカナル型って自分の足音が耳の中で響くのが多く私は苦手で、以前はPHILIPSとNikeコラボのインナー・イヤー・タイプを使ってました。



これって耳かけもついてて落ちなくてよかったです(コード・タイプはもう使わないけど)。

ということで、AirPods Proも欲しいなとは思いますが、Apple Watchを持ってないのでそちらが先です(爆)

あと、AirPods Proの事前の噂としては「カラバリで黒が出る」もありましたが、出なかったですね。

これも噂で、ワイヤレス・イヤホンで白ボディってAppleくらいだから、他社との差別化、、、つまり、街中で一見してAirPodsとわからせるマーケティング戦略のため、あえて黒は出さない、という推測なんですけど、意外と当たってる気がします。。。

更新日時 : 2019年10月31日 | この記事へのリンク : 

きょうの1曲。。。

こんにちは、Amenity House O'sです。

きょうは、タウン情報と無縁でたいへん恐縮ですが、「墓場に持って行きたい100曲」のなかの「1曲」をご紹介します。

ジェームス・カー『ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート』



直訳すると「通り外れの暗がりで」的な意味のタイトルで、陽の光きらめく中では会えない2人の「許されない恋」を唄ってます。

メロディ、サウンド、ヴォーカル全てのバランスが「切なさ」に振り切ってて、いつ聴いてもグッときますっ。

この曲、ソウル・ファンなら誰もが知っている1967年発表のソウル・クラシックの名曲で、パーシー・スレッジ、リンダ・ロンシュタット等々、多くのミュージシャンにカバーされてきました。

カバーの中で特に好きなのはライ・クーダーのです。



ライ・クーダーといえばもちろんスライド・ギターですが、1977年のTVライブでも、ストラトキャスターで奏でる乾いたスライドが叙情性を高めてますっ。

ご興味ある方は是非、YouTubeで観てみてください。

ホント、グッときますよ。

ジェームス・カーのYouTube

ライ・クーダーのYouTube

更新日時 : 2019年10月28日 | この記事へのリンク : 

海老名「中村屋」さんに行ってきた。。。

こんにちは、Amenity House O’sです。

連日の話題で恐縮ですが、ホント今回の台風凄かったですね。

我が家も当日は家の雨戸(シャッターではない:苦笑)を閉めきり、家族7人(4人+3匹)閉じこもってしました(苦笑)。

さて、このところお客さまの住宅ローンのお手伝いで、りそな銀行・海老名ローンプラザへよく行きます(りそなさんは最近条件面頑張ってくれますよぉ)。

海老名といえば、ラーオタの私としては「天空落とし」で有名な「中村屋」さんです。

と言っても、恥ずかしながら未訪問でした。

というのも、何度か行く機会はあったんですが、いつも行列してて、並んでまではちょっとねぇ、、ということでパスしてました。

そんなこと言ってるといつまでも未食ですから、先日、ローンプラザのついでに行ってまいりました。



ウィークデイの午後1時半頃入店でしたが、店内並び客が4名。今もご盛況です。

スタッフの方に促され先に食券を購入。



こちらは塩ラーメンが有名で券売機イチバン上も「塩」ですが、あえて「醤油」をプッシュ。

先人の言葉にもあるように「ラーメンは醤油に始まり醤油で終わる」ですからね(苦笑)。

ついでに本日のまかない飯(黒胡椒焼豚飯)もポチッ。



店内はこだわりをカンジさせるインテリア。平たくいうとオープン・キッチン・チャイニーズ版的雰囲気。



※画像は厨房でちょっと淋しげですが。

出てきたラーメンはサスガ! 美味しそうなビジュアル。



スープをひとくち……なるほど。。。


麺をひとすすり……なるほど。。。

正直期待値が高かったせいか、それを上回る感動・魂の震えはありませんでした(塩をチョイスしないから、というもっともな意見もあり)。



本当に美味しいラーメンのときって、ひとくちスープ飲んだだけでニンマリしちゃいます、嬉しくて(ラーメンだけじゃないですけどね、もちろん)。

ということで、今後も神奈川のラーメン屋さん情報収集に励みますっ!

追記

食べログの神奈川ラーメン・ランキング Top 20を久しぶりに見てみたら「飯田商店」さんとか行けてないのを思い出しました(汗)。

更新日時 : 2019年10月14日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年03月        >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031       

最近見た物件 (0)